安樂英行(手作りヨットで太平洋1周)のwikiプロフ経歴は?家族は?【激レアさん】

2022年6月13日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、高1の夏休みに「手作りヨットで太平洋1周します」とホラを吹いたら引くに引けない状況になってしまい、10年がかりで実現した安楽英行(あんらくひでゆき)さん。

今回は、そんな安楽英行(あんらくひでゆき)さんの経歴、家族について調べてみました。

安楽英行(あんらくひでゆき)wiki風プロフィール

名前:安楽 英行(あんらく ひでゆき)

生年月日:1956年1月21日(66歳)

出身地:熊本県熊本市

高校 : 私立九州学院高等高校

職業 : 会社社長(株式会社ビック・株式会社あんらく)

趣味:ヨット、居合、ピザ焼き

活動 : 社会活動、海外文化交流

安楽英行さんは現在、鳥害対策事業を営む『株式会社あんらく』の代表取締役です。

高校1年生の夏休みの時、友人宅で集まっていた安樂さんは、地球儀を回しながら「南太平洋に行きたい」と口にした。「行こうか」「どうやって?」「ヨットがいいんじゃない」。友人らと意気投合。相談を受けた熊日も、紙面を大きく割いて夢を後押しし、
それから10年越しに「手作りヨットで太平洋1周」という夢を実現。
これが高校生のホラ吹きから始まったようで人生壮大すぎます。


高校卒業と同時に兵庫県のヨット製作所に就職して、造船技術を習得しながら、月給6万円のうち4万円を造船費として積み立てた。
友人2人も昼夜働いて費用を捻出し、3人で700万円をためたとのこと。

夢に向かって突き進んだ安楽英行さんとその友達、凄すぎます。

太平洋一周実現

1980年5月、その資金でヨット「髭号」を作り兵庫県西宮市から出航。

航海中は台風によるしけに見舞われたり大型船とニアミスしたり不審船が接近して来たり

島にぶつかりそうになり間一髪のところで回避したりと危険も多かったようです。

「何か大きな力によって『生かされた』と感じた」と安樂さんは話してくれています。

髭号はアメリカの西海岸からハワイを経由して南太平洋の島々を周り南十字星を見届け

1981年5月に太平洋を1周し熊本県に戻ってきました。

安楽英行さんFacebook

安楽秀行さんの家族構成は!?

家族構成を調べましたが、奥さんや子供がいる情報は出てきませんでした。
夢を追いかけた結果、まだ結婚はされてないかもしれません。

こちらは情報が出次第更新していきたいと思います。

まとめ

2022年6月13日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、高1の夏休みに「手作りヨットで太平洋1周します」とホラを吹いたら引くに引けない状況になってしまい、10年がかりで実現した安楽英行(あんらくひでゆき)を紹介していきました。

「ヨットは知れば知るほど奥深く、人生にも通じる。自分に起こるすべての出来事を偶然ではなく必然と捉え、プラスに変えることが『生きる力』になる。それを次世代に伝えることが私なりの恩返しと思っています」

熊本日日新聞

安樂さんは経験を生かし、ヨットでの青少年育成を目指す「少年海援隊」や「くまもと青少年ヨット協会」の理事長を務めているそうで、その経験を上天草の湯島を拠点に子どもたちに還元していきたいと話しており、とても立派な方だと感じました。

応援してくれた周囲の大人や先輩、旅先で歓迎してくれた人々が大勢いる中、夢を成し遂げた安楽英行さん、とてもカッコいいですね。