30年待ちの幻のコロッケを作る新田滋プロフィール、Faceboookは?【激レアさんを連れてきた。】

2022年9月5日の「激レアさん連れてきた。」の放送で「作れば作るほど損をする「幻のコロッケ」を30年先まで作り続けることが確定してる人」として新田滋さんが紹介されます。

30年予約待ち!!

絶対食べてみたい!!と誰もが考えるのではないでしょうか。

新田滋さんとは一体どんな人物なんでしょうか。

調査していきます。

新田滋さんプロフィール

名前:新田滋(にったしげる)
職業:神戸牛専門店旭屋 代表取締役
出身地:兵庫県 高砂市出身
家:兵庫県 高砂市在住
出身校:日本ミートアカデミー食肉学校
高校:神戸村野工業高等学校

年齢はわかりませんでしたが50代くらいでしょうか。

お住まいは兵庫県の高砂市のようです。

家族についてはわかりませんでした。

新田滋さんFacebookは?

Facebook、Instagram共にやっておられました。

宣伝や神戸牛、コロッケの事が多く投稿されていました。

残念ながらあまりプライベートなことは投稿されていませんでした。

「幻のコロッケ」とは?

創業大正15(1926)年の精肉店「旭屋」(同市伊保港町1)が、インターネットで限定販売する「極み」。肉は最高級A5ランクの3歳雌牛だけを使い、食べ応えのあるサイコロ状にカットする。ジャガイモは、同市内の農家に種芋を持ち込んで栽培を依頼する「レッドアンデス」。その糖度の高さが、脂が乗った肉のうま味を引き立てる。

ジャガイモはふかしたままを使うため水分が多く、神戸ビーフも独特の軟らかさがある。つぶれないよう1個ずつ人の手で丁寧に成形し、一晩寝かせてからパン粉を付ける。商品は油で揚げる前の冷凍の状態で発送する。

神戸新聞

1個540円だが、肉の材料費だけでも600円程度かかる。おのずと生産量は限られるため30年先も予約で埋まっているとのこと。

「売れば売るほど赤字」
「神戸ビーフを少しでも多くの人に味わってほしい」

新田さんは畜産農家に通って関係を築き、競りで直接、1頭丸ごと仕入れほどのこだわり。

新田さんの「うまい肉」を届けたいというこだわりが伝わってきますね。

人気な理由がわかります。

食べてみたい!!その一言に尽きますね。

まとめ

2022年9月5日の「激レアさんを連れてきた。」の放送で「作れば作るほど損をする「幻のコロッケ」を30年先まで作り続けることが確定してる人」として新田滋さんが紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

30年先でも予約したくなったのではないでしょうか。

「激レアさんを連れてきた。」ではより事細かく面白く紹介されるかと思いますので、

楽しみに観たいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です